1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

★本日の金言豆★
リーマン予想:素数出現の規則性に関する予想。未だ証明されていない数学における最も重要な未解決問題の一つ。

2006年1月14日公開
 シンプルな原題「Proof」に対し、直接的な表現もプラスして倍以上長くなった邦題は、本作のテーマをより明確に表していて良いという見方も、シンプルゆえに観客に解釈の自由度があった原題の方が良いという見方も、両方出来そう。

 原作の戯曲「Proof」は2000年5月に初上演されて以来大評判、ピューリッツァー賞ドラマ部門賞など様々な賞を獲得するなどした名作舞台。
 本作の監督ジョン・マッデンも2002年に舞台版の演出をしており、その時その舞台で主演をつとめたのがグウィネス・パルトロウ、つまり本作では「恋に落ちたシェイクスピア」以来3度目となるタッグということで、息のあったところを見せてくれます。

 若き美貌の悩める天才数学者キャサリン(グウィネス・パルトロウ)が、5年間つきっきりで面倒を見てきた父親ロバート(アンソニー・ホプキンス)の死をきっかけに、その元教え子ハル(ジェイク・ギレンホール)と出会い、恋に落ち、やがて自分自身の人生を見つめ直しアイデンティティを取り戻していく・・・という、下手すれば地味~な人生ドラマで終わりそうな話に、「犯人は誰だ!?」ならぬ「この証明をしたのは誰だ!?」というワンポイントを加え、ちょっぴりサスペンスチックな味付けもしてあるというのがミソ。

 キャサリンが幻覚(!?)を見たり、記憶が混乱してたりする部分を、時間軸を前後させて見せる演出も取り混ぜて、「真実はどうなんだ!?」とちょっとハラハラさせられるよう効果的に仕掛け、技ありの出来。

 また、現実社会でも、どっちかというと理屈や事実関係を優先させがちな男性、
 人と人としてあなたは私を信じてくれるの?という心情的なところを重視する女性、
 といった男女心理の違いの描写などもきめ細やか。私も含めた世の男性陣には大いに参考になる!?

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

proof_of_my_life_book.jpgプルーフ・オブ・マイ・ライフ 竹書房文庫
2006年1月発売

オリジナル・サウンドトラック・スコア「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
2005年12月21日発売

プルーフ・オブ・マイ・ライフ 日本語公式サイトはこちら
監督:ジョン・マッデン
原作・脚本:デイヴィッド・オーバーン
出演:グウィネス・パルトロウ アンソニー・ホプキンス ジェイク・ギレンホール ホープ・デイビス
2005年/アメリカ/ギャガ/103分

ジョン・マッデン関連作品


金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

理由は後で書きますが、ブログ・アフィリエイトとなんも関係ない話です(笑)

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

さて、この方からの挑戦第1弾、「プライドと偏見」はいい映画でしたが、「私は好きだが男子はダメに違いない」と豪語した第2弾「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」はどうか。出るトコに出るのに備えて、「無罪」とか「不当判決」とか日ペンの美子ちゃんで鍛えた腕で習字を書

プルーフ・オブ・マイ・ライフ PROOF

グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール主演シカゴでキャサリンは精神を患っている元数学学者の父ロバートの介護と看病をしていましたキャサリンも大学で得意な数学を学び 父親の研究も補助しています父ロバートはキャサリンを残し亡くな

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

2005年アメリカ映画監  督ジョン・マッデン出  演グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール、ホープ・デイヴィスあらすじ天才数学者の父(アンソニー・ホプキンス)の死をきっかけに、自らの人生を封印していたキャサリン(グウィネス・

映画館「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

全く情報をいれずに期待もせずに観に行ったので、結構楽しめました。中盤までは、あまり面白く感じなかったのですが後半にかけてはテンポもよく現在と過去の切り替わりがチョットわかりずらかったけど楽しめました。「ビューティフル・マインド」や「π(パイ)」と同...

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

      評価:★5点(満点10点)               監督:ジョン・マッデン主演:グウィネス・パルトロウ アンソニー・ホプキンス     ジェイク・ギレンホール2005年 103min【あらすじ】....

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

公式サイトSTORY父親譲りの天才的な数学の才能を持つ女性、キャサリン(グウィネス・パルトロウ)。父ロバート(アンソニー・ホプキンス)が亡くなり悲嘆に暮れる彼女のもとに、ロバートのかつての教え子ハル(ジェイク・ギレンホール)が現われいつしか2人は恋に落ちる。そ

【洋画】プルーフ・オブ・マイ・ライフ

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技4/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役3/魅力3/テンポ3/合計34)『評論』ジェ

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

ちょっと難しそうな数学的??映画らしい。でも、主演がグウィネス・パルトロウなので、見てみることに。共演は、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール。

mini review 07009「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」★★★★★★☆☆☆☆

カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : アメリカ 時間 : 103分 公開日 : 2006-01-14~2006-02-24 監督 : ジョン・マッデン 出演 : グゥイネス・パルトロウ アンソニー・ホプキンズ ジェイク・ギレンホール ホープ・デイヴィス 天才数学者の父が死に、彼を5年間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。