1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラヴァイオレット

2006年6月24日公開
 「マトリックス」の影響受けまくりとわかっちゃいるけれど、まるで剣戟武器のように銃を扱うその独特の動き、射撃時の反動など無視した腕っぷし強さ(逆に言えば武器のニセモノっぽさ!?)、イカす見得の切りっぷりが売りの「ガンカタ」アクション全開痛快娯楽作のカート・ウィマー監督「リベリオン」。
 「マトリックス」またはクリスチャン・ベール好きな方には間違いなくオススメの作品です。

 本作は、監督意識してんのかしてないのか知りませんが、まさに「リベリオン」正統後継作とでもいうべき内容。
 スタイリッシュなガン&格闘アクション、近未来という設定を生かしたSFギミック、よって立つすさまじいチェイスシーンなど、CGでアクションをカッコよく見せるという路線を究極まで高めた作品
 しかも、あまりにも”マトリックス臭”が強すぎた感もある「リベリオン」と違い、着実にそこからステップアップした独自の世界観や色使い、アクションが満載。ガンカタアクションとも一味違う、スピード感と立体感に富んだスーパーアクションが炸裂。
 特殊な訓練は受けているものの、あくまで人間という設定だったクリスチャン・ベールを遥かに凌ぐ体技を見せる本作の主人公ミラ・ジョボビッチ、そのシナリオ的裏づけとなるのは、

 謎のウィルスに感染した人間は、”ファージ”と呼ばれる、普通の人間よりも高い頭脳と運動能力を持つ反面、感染後12年で死ぬという超人になる。

というぶっとびSF設定。「バイオハザード」といい、ミラ嬢ここんとこウィルスにやられっぱなし。

 と思ったらまじめな話、ミラ・ジョボビッチは、最近こういうSFスーパーヒーロー的な役や、バケモンゲテモン系の作品が続いてることについて、その原因が自分の名前にあると本気で考えているんだそうな。
 彼女は旧ソ連(現ウクライナ共和国)の首都キエフ生まれで、そっちの国では”ジョボビッチ”って名前は珍しいのかそうでもないのか知りませんけど、アメリカじゃあもちろん一発で外国人だとわかる名前。
 だからアメリカ人は彼女を、スーパーヒーローやモンスター的キャラクターにキャスティングしたがる、と彼女は考えているそうで、「私の名前が、“メリッサ・ギルハート” みたいな個性のない名前だったら、何にも問題ないんだけれどね」と語っているとか。
 役だけでなくオツムの方にも何かのウイルスが蔓延してきたのか、少々的外れな被害妄想が過ぎる気がしますが・・・
 何にせよ、彼女自身が必ずしもこういった役に満足しきっておらず、少々煮詰まり気味なのは確かなようです。

 もちろん本作では、そんな様子は微塵もみせずに体をはったアクションで縦横無尽に暴れまくり。
 とにかくアクションがすさまじい!「バイオハザード」シリーズの比ではありません。
 寿命とひきかえに名前が見えるようになる・・・じゃなかった、スーパーパワーを得る”ファージ”という設定ゆえ、文字通り人智を超えたド派手なアクションの連発。近未来の無機質な美しさをもって描かれる街並をバックに繰り広げられるそれを、最先端のCG映像が支えます。

 彼女自身のスーパーパワーに加え、何やら分子レベルで自動的に銃や剣などの武器を畳んだり組み立てたりしてくれるらしい小道具があったり、髪の毛の色が自由に変えられたり(イマイチ意味がわからないんですけど)と、SFオタク心をくすぐる魅力的なビジュアライズされた仕掛けもたっぷり。
 中でも極めつきは身に着けるタイプの重力制御装置で、ヴァイオレット(ミラ)はこれを使って建物内の壁は走るわ、天井に向かって落ちるわ、ビルの壁をオートバイで縦横無尽に走り回るわ・・・ここでのヘリとのチェイスシーンなどはかなり面白い!ローターでヴァイオレットを追い詰めるなど、ヘリにとっては自殺行為なんじゃないの!?っていう突っ込みどころはご愛嬌。

 ヴァイオレットはそのファンキーな髪の色以外は見た目普通のキャラクター造りなのに、敵役ダクサス(ニック・チンランド)は鼻の穴に鼻血あとのティッシュみたいなものを詰めてたり、ヴァイオレットの唯一の味方ガース(ウィリアム・フィクトナー)はちょびっと八重歯が出ていたりと、キャラ立てようとしてんのか笑わせようとしてんのかイマイチピンとこない細かい部分もあったりして、その間抜けさがまた味。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

reverion_DVD.jpgリベリオン -反逆者-

ultraviolet_book.jpgウルトラヴァイオレット 竹書房文庫

ウルトラヴァイオレット 日本語公式サイトはこちら
監督・脚本:カート・ウィマー
製作:ジョン・バルデッチ
音楽:クラウス・バデルト
出演:ミラ・ジョボビッチ キャメロン・ブライト ニック・チンランド
2006/アメリカ/ソニー/87分

ミラ・ヨボビッチと発音するそうな


金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

 こんにちは。TBありがとうございました。「リベリオン」好きなんですがこっちはアクションへのこだわりとストーリーの適当さのバランス(?)がツボにはまった一本でした。

>敵役ダクサス(ニック・チンランド)は鼻の穴に鼻血あとのティッシュみたいなものを詰めてたり、ヴァイオレットの唯一の味方ガース(ウィリアム・フィクトナー)はちょびっと八重歯が出ていたりと、キャラ立てようとしてんのか笑わせようとしてんのかイマイチピンとこない細かい部分もあったりして、その間抜けさがまた味。

 ダクサスの顔のアップのたびに笑わせてもらいました。愛すべき映画ですね。まああんまり他人には勧められませんが。

またよろしくお願いします。

今回もトラックバックありがとうございます。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウルトラヴァイオレット

 ”外連味”(けれんみ)…はったりやごまかし。  SF映画界は今も「ブレードランナー」や「マトリックス」を越えようとしています。 しかしそんな傑作がなかなか現れるわけもなく、重いテーマを敷くという文学と同じような流れを追いつつある昨今。 本作の監督カート

ウルトラバイオレットNo1?

TUBEの曲にありましたね、「ウルトラバイオレットNo1」確か湘南というアルバムにあるノリの良いテンポの曲だったと思うけど。曲は渚のクイーンの歌だったけど、こちら映画「ウルトラバイオレット」はミラジョヴォヴィッチ(3回は舌かむなまえだ)のメチャ強ヒーロ....

ウルトラヴァイオレット

 アメリカ アクション&SF 監督:カート・ウィマー 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ     キャメロン・ブライト     ニック・チンランド     ウィリアム・フィクトナー21世紀末、新種のウィルスが蔓延し感染した人間は超人的な知能と運動能...

ウルトラ・ヴァイオレット

アクションゲームをプレイしているような錯覚を味わえる興奮の87分。

【 ウルトラヴァイオレット 】

ファージの女戦士が人間の少年を守る為に戦うSFアクション。主演はミラ・ジョヴォヴィッチ。監督は『リベリオン』のカート・ウィマー。とにかくミラがカッコイイ。大勢の敵を一人で倒すガンアクション、最後にキメポーズもしっかり。暗闇で燃え上がる炎の剣にもシビれ...

映画『ウルトラヴァイオレット』★☆

(ネタバレ注意) 後から知りましたが『リベリオン』の監督作品でしたか。この監督さんは余程ガンカタが好きなようですね。ビジュアル的には『マトリックス』『ブレイド』『アンダーワールド』『イーオン・フラックス』などの延長にある作品ですが、とうとうここまで来たか

ウルトラヴァイオレット

 セクシャルなヴァイオレットはナンバー1の殺し屋だ!

着色系 !「ウルトラ・ヴァイオレット」

なんてビューティフルな色彩 !! (こちらで)勝手に着色系映画と呼んでいる「スカ

「ウルトラヴァイオレット」予想外の傑作

ストーリー: 人間の政府によるファージの抹殺運動激化に伴い、ファージの夫を政府に殺された過去を持つヴァイオレット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。今やファージの地下組織の中でも最強の女戦士と化した彼女は、政府が開発した最終兵器を奪うべく政府のビルに乗り込む。し..

『ウルトラヴァイオレット』

「ここまでくると、もう映画という感じはしなくなるね」----あらら、いきなりだニャ。それってどういうこと?「う~ん。物語の骨子を語ることはほとんど意味を持たないという気がする。監督もビジュアルを魅せることに気を使っているんじゃないかな」----でも『グロリア』が

「ウルトラヴァイオレット」鑑賞

ウルトラヴァイオレットイヴォンヌ ナヴァーロ Yvonne Navarro 鎌田 三平 竹書房 2006-06売り上げランキング : 55934Amazonで詳しく見る by G-Tools「バイオレットじゃない。ヴァイオレット!」byミラ・ジョヴォヴィッチ...

ウルトラバイオレット

「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチ主演と言うことで見に行きましたが、うーん微妙といっていいのかなあ。他の人のブログにもつまんないってあるけど、この間みた「アンダーワールド・・」と良い勝負という感じ。ミラ・ジョヴォヴィチを見るためだけに見に行った..

ウルトラヴァイオレット

すっかりアクションづいたミラ・ジョヴォヴィッチ最新作「ウルトラヴァイオレット」劇場CMを観る限りでは面白そうだったので観て来ました。★最初から最後までかっこいいアクションの連続。でも連続過ぎて開始10分辺りで飽きてしまい、ストーリーが空っぽなので後はひたすら

「ウルトラ・ヴァイオレット」何を目指したのか、CG映画もどき...

「ウルトラ・ヴァイオレット」★★★ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィリアム・フィクトナー主演カート・ウィマー監督、アメリカ2006年ミラ・ジョボヴィッチの強烈なインパクトの予告編に引かれて劇場へ。映像を見ながら、これって実写をわざとCGみたいに見...

[映画・ア行] ウルトラヴァイオレット

[映画・ア行] ウルトラヴァイオレット今回の映画は、「ウルトラヴァイオレット」です。この作品の映画公開にちなんで、「ウルトラヴァイオレット」の作品紹介について書いてみました。(今回の映画レビューは、本家サイト「やわらか映画~おすすめDVD~」からの転載です。

ウルトラヴァイオレット (Ultraviolet)

監督 カート・ウィマー 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2006年 アメリカ映画 87分 アクション 採点★★ 東洋武術とガンアクションを融合させた“ガン=カタ”満載の『リベリオン』。主演のクリスチャン・ベイルとガン=カタの相性の良さも手伝って、物語の薄味さをも忘れるカ

★「ウルトラヴァイオレット」

女戦士系女優の本家ともいうべきミラ・ジョヴォヴィッチ主演。ひらりん、チューブの「ウルトラバイオレットNO.1」って曲、大好きです。この夏必聴です・・・という事で観て来ちゃいました。

劇場鑑賞「ウルトラヴァイオレット」

「ウルトラヴァイオレット」を鑑賞してきました「フィフス・エレメント」「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョボビッチ主演、「リベリオン」のカート・ウィマー監督による近未来アクション。ストーリーは・・・21世紀末。謎のウイルスに感染し超人的な知力&体力を得..

『ウルトラヴァイオレット』2006・6・25に観ました

『ウルトラヴァイオレット』?公式HPはこちら ●あらすじ新種のウィルスのせいで高い知能と運動能力・特殊能力を得た超人間“ファージ”。彼らに恐れをなし抹殺しようとする人間政府との攻防戦の中、“ファージ”殲滅の兵器が・・・・・・・・●コラム

感想/ウルトラヴァイオレット(試写)

ミラ・ジョボヴィッチ主演最新作のアクションムービー『ウルトラヴァイオレット』。6月24日公開。さてそのお手並みやいかに?『ウルトラヴァイオレット』21世紀の近未来、ウィルス感染で超人的能力を得てしまった人間「ファージ」。その能力を恐れ、ファージ抹殺を狙う純正

ウルトラヴァイオレット

この映画は「ミラ様の華麗なるワンマンショー」です。美しくてセクシーで、とってもカッコイイ~「ミラ様」。お話は「ミラ様」が活躍するためだけに存在する、と言った感じです。もうホント「理屈抜き」でミラ・ジョヴォヴィッチが凄い。「バイオハザード」のミラが100点

ウルトラヴァイオレット

「リベリオン」のカート・ウィマー監督が、「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎えて贈るSFアクション。驚異的な能力を持つ<超人間(ファージ)>とその撲滅を目指す政府が対立する近未来を舞台に、人間

ウルトラヴァイオレット(試写会)

ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド、ウィリアム・フィクトナー出演。カート・ウィマー監督作品。近未来、アメリカ政府が開発したウィルスが漏れ、それに感染した人間は高い身体能力を持つ超人間「ファージ」に変化していた。その力を恐れた

ウルトラヴァイオレット(映画館)

世界を変えた。それでも生き残る――― 君を守るため。CAST:ミラ・ジョヴォヴィッチ/キャメロン・ブライト/ニック・チンランド/ウィリアム・フィクトナー 他 ■アメリカ産 87分ワタシはミラ・ジョヴォヴィッチファンだけど、この映画はおもろくなかった~。彼女の回

ウルトラ・ヴァイオレット

【ウルトラ・ヴァイオレット】 ★★★ 2006/6/24 ストーリー 21世紀末、アメリカ政府が発見した謎のウィルスは瞬く間に広まり、世界を

「ウルトラヴァイオレット」レビュー

「ウルトラヴァイオレット」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主な出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィリアム・フィクトナー、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド *監督・脚本:カート・ウィマー 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブ

ウルトラヴァイオレット

 ガン=カタ キタ━━━(゚∀゚)━━━! 嬉々として超人的な動きをこなすミラジョボの最強かつ華麗な動きと,所謂東洋的アクションの「留め」の美学をとくとご覧あれ。

ウルトラヴァイオレット

ウルトラヴァイオレットを見てきました。まぁ、ある程度先が読める展開でした。というか、いままでのウィルスものと対して変わらない感じがしました。やっぱりこういう映画は、女性ヒーローが見所になってきますね。ミラ・ジョヴォヴィッチは本当にキレイでした。髪が短いイ

『ウルトラヴァイオレット』★★☆・・

安心して観ていられる、最強の殺し屋『ウルトラヴァイオレット』公式サイト原題;ULTRAVIOLET 制作データ;2006米/SPE ジャンル;サスペンス/コメディ 上映時間;87分 監督;カート・ウィマー出演;ミラ・ジョヴォヴィッチ/キャメロン・ブライト/ニック・チンランド観賞劇..

「ウルトラヴァイオレット」見てきました。

 今回は近未来映画のアクション映画ウルトラヴァイオレットを見てきました。会社帰りに見るのにはこういう単純な映画が疲れなくて良いので。。。

ウルトラヴァイオレット・・・・・評価額1250円

ザ・B級。「リベリオン」でSFファンの喝采を浴びたカート・ウィマー監督の最新作は、一言でいってバカ全開。前作は低予算の中にも様式美と格調を感じさせた力作だったが、今回は格調の「か」の字も無い。徹底的にミラ

『ウルトラヴァイオレット / ULTRAVIOLET』☆今年61本目☆

もしかしたら――の予想通り、『イーオン・フラックス』にゲキ似。近未来の世界で、女性戦士が孤軍奮闘頑張ってるんだけど、全く感情移入出来ないストーリーといい、絵になる美しいアクション・シーンといい、本当によく似てる。CGをこれでもか、これでもかと多用するの...

ウルトラヴァイオレット(2006)

ミラ嬢が雑魚を殺しまくる話。おしまい。ってな感じだった「ウルトラヴァイオレット」、殺しがメインなら華麗な殺陣でも見せてくれればまだしも、ぐるっと回って立ち上がったら全滅、みたいなシーンばっかでいまいち…。冒頭、街がもろCGって感じです。わざと?人の肌の質

ウルトラヴァイオレット

見るつもりなかったのに見ちゃいました。約90分とこじんまりまとまった 近未来SFアクションもので、も

ウルトラヴァイオレット

http://www.sonypictures.jp/movies/ultraviolet/予告だけでおもしろそうと思って見に来ました。アクションなどは結構おもしろいと思うのですが世界観がどういうものなのかがきちっとしていないためかよくわからないまま

ウルトラヴァイオレット

 質問1、『キル・ビルvol1』が好きだ?  質問2、『キャシャ-ン』が何気に好

ウルトラヴァイオレット

新たなガンカタ誕生か?と、思ったら肩透かしだった(笑)妄想感想いきます。

『ウルトラヴァイオレット』・劇場

今日は先日イベントで当たった劇場招待券で 『ウルトラヴァイオレット』を観てきた。 《私のお気に入り

ウルトラヴァイオレット

(原題:ULTRAVIOLET)【2006年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆)「リベリオン」でガン=カタという素晴らしい格闘術を生み出したカート・ウィマー監督の最新作。ウィルスに感染し超常的な力を手にしたファージと人類の攻防を描いている。近未来の世界。政府が開発して

ウルトラヴァイオレット(2006) ULTRAVIOLET

「マトリックス,イーオンフラックス,キルビル and子連れ狼風な作品 」 監督・脚本: カート・ウィマー 出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ キャメロン・ブライト ニック・チンランド ウィリアム・フィクトナー ストーリー:21世紀末、新種のウィルスが蔓延、

finally woken/JEM

本日購入したCD。JEMの「finally woken」。Finally WokenJemATOこのアイテムの詳細を見るこのアルバムの5曲目に収録されている『24』が、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のアクション映画「ウルトラヴァイオレット」の予告編で使われていた曲。本当はクラウス・パデルトが担当

ウルトラヴァイオレット

2.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)すみません、はっきり言っちゃいます。つまんねー!てわけで、『イーオン・フラックス』の時も書いたのですが、ワタクシは近未来SFがちょっぴり(かなり)苦手です。が、そーゆー事を抜きにしてもこの作品の

ウルトラヴァイオレット DVD

「リベリオン」のカート・ウィマー監督が、「バイオハザード」シリーズの ミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎えて贈るSFアクション。 新種のウィルスに感染し超人的な知能と運動能力を身につけた超人間「ファージ」と その撲滅を目指す政府との戦いを背景に幼い少年を守るた

ウルトラヴァイオレット

『ULTRAVIOLET』公開:2006/06/24製作国:アメリカ監督:カート・ウィマー出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド  ダクサス、ウィリアム・フィクトナーウルトラマンの親戚ではないんですね? ←参加してします。ポチッとして頂け...

ウルトラヴァイオレット

ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディションソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る「バイオハザード」の好評で調子コイてしまったのか、またしてもアクション物にチャレンジしたミラ・ジョヴォヴィッチ。しかも超B級。要所要

映画「ウルトラヴァイオレット」

2006年37本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「リベリオン」のカート・ウィマー監督作品。驚異的な能力を持つ<超人間(ファージ)>とその撲滅を目指す政府が対立する近未来を舞台に、人間の少年を守るため、両勢力を敵に回したファージの女戦士の戦いを、息をもつか..

ウルトラ・ヴァイオレット 06年250本目

ウルトラ・ヴァイオレット ULTRAVIOLET2006年   カート・ウィマー  監督ミラ・ジョヴォヴィッチ  ウィリアム・フィクトナー  キャメロン・ブライト  ニック・チンランド 上の歯で下唇を軽くかんで、、、ヴァ、、、上の歯で下唇を軽くかんで、、....

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。