1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT

2006年9月16日公開
 パート1でロサンゼルス、パート2でマイアミを舞台に縦横無尽に繰り広げられるカーチェイス映画、累計世界興収は約4億5千万ドル、DVDは2000万枚以上を売り上げたという、あらためて数字を見るとカーアクション映画としてはすさまじいヒットぶりの「ワイルド・スピード」シリーズ。
 その最新作は、東京のど真ん中が舞台!慣れ親しんだ東京を舞台に繰り広げられるすさまじいカーチェイス、手に汗握る大興奮のド迫力に圧倒されっぱなし!
 尺は長くないものの、渋谷のど真ん中をカーチェイスするシーン、いったいいつの間にこんなん撮影したの!?とビックリ仰天しましたが、何のことは無いアメリカはLAのダウンタウンでロケしたんですね。道路封鎖して日本語の看板やらバス停やら新聞売り場やらを配置して。ま~そうですわね、今じゃあ西部警察すら撮れないでしょうしねえ東京では・・・。

 ストーリー
 カリフォルニアの高校生ショーン(ルーカス・ブラック)は、ストリート・レーシング中にシャレにならない大事故を起こしてしまい、ほっとくと投獄されてしまうので、それを回避するために別れた父親が住む日本へ引っ越してくる。ところが車がなによりの心の拠り所であるショーンは、厳格な軍人である父親の言うことも聞かず、またもや日本でストリート・レーシングに挑み、ヤクザも絡んだ大トラブルに巻き込まれていく・・・

 どう見ても高校生には見えない、あどけなさのかけらもないショーンが留学生として日本の学校に転校したら、そのクラスにはバリバリのヒップホップなガイジン、トウィンキー(BOW WOW)はいるわ、オーストラリア出身のケバケバ女子高生ニーラ(ナタリー・ケリー)はいるわ・・・
 悪玉ライバル役のD.K.(ブライアン・ティー)、その手下でやがて良き仲間となるハン(サン・カン)らも、どう見ても日本人に見えない日系人だわで、日本人に言わせりゃいったいここはどういう高校だ!?と違和感アリアリ。まあ、欧米人にとってはどうでもいいんでしょうし、もともとそういう映画じゃなく純然たる娯楽作品ですから、軽く流してカーアクションを楽しみましょう。

 それなりに日本人キャストも出演しているものの、
 ハンの整備工場のメカニックのレイコ(北川景子)、教師役で出てくる(台詞やショーンとのからみはそれなりに有り)柴田理恵、銭湯でヤクザ役として出てくるKONISHIKI(って日本人じゃないですけど)など、ほとんどチョイ役かギャグキャラなのが残念。
 極め付きは、作品前半の立体駐車場でのレースシーンにて、スターター役で出てくる妻夫木聡。何今の妻夫木くんじゃない!?えっもう終わり!?みたいな・・・ハリウッド版「GODZILLA」での松田聖子の出方を思い出させるチョイ役ぶり。出なくてもよかったのでは!?
 ていうか一番良くないのは、今流れてるスポットCMでも彼の出演シーンを使ってるところ。妻夫木くん目当ての客を当て込んでるのがミエミエなのはともかく、実際それで観に行った客は怒り狂うんでは!?彼の出演シーンや台詞はあのCMでほとんど使い切っちゃってますから・・・。

 そんな中、一人気を吐くのは、我等がJJサニー千葉こと千葉真一。「キル・ビル」での刀鍛冶で強烈な印象を残した彼が、今度はザ・ジャパニーズ・ヤクザ役を怪演!出番も台詞も主役達とのからみも満載、日本人役者の面目躍如。

 そしてもう一人、D.K.(ドリフトキング)という役名のキャラが登場する作品とあっては、日本でこの方を抜きにしては語っちゃいけない、日本レース界の重鎮にして本家本元ドリキン、土屋圭一氏も登場!
 役柄や衣装がそれっぽいのもあって、一瞬小林稔侍かと思うような出方でバッチリ登場!少なくとも妻夫木君よりはいい扱いで出てます(^^;

 最後の最後、エンディング前には、なんと初代ワイルド・スピードもカメオ出演するという念の入ったサービスぶり。全編娯楽要素満載の、侮れないアクション作品です。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

wild_speedx3_sound.jpgオリジナル・サウンドトラック・スコア「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」

ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT 日本語公式サイトはこちら
監督:ジャスティン・リン
製作:ニール・H・モリッツ
出演:ルーカス・ブラック BOW WOW ナタリー・ケリー ブライアン・ティー サン・カン 北川景子 JJサニー千葉
2006/米/UIP/104分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー - ジャンル : 映画

Tag : ワイルド・スピード ×3 TOKYO DRIFT ジャスティン・リン ルーカス・ブラック BOW WOW 北川景子 JJサニー千葉

COMMENTS

ドライビング・シーンに大きな見応えがありました

お早うございます。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございます。
こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、物語展開や設定にやや弱さを感じましたが、優れたドリフト・レーサーの人達を起用したドライビング・シーンに大きな見応えがありました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」

「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」東商ホールで鑑賞今回はポール・ウォーカーも出ていないし、とはいいながらポールに似た雰囲気を持った老け高校生が主人公。(ポールのほうが数段かっこいいです。)いったい彼は何歳なの?シリーズはどれもレースのはなしですがスト

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

 日本中のヤンキー&走り屋が沸いた!! ハリウッドがこっそり「頭文字D」をパクった「ワイルドスピード」が来ましたよ! ということで「ワイルドスピードX3」のタダ券を貰えたので観てまいりました。 カリフォルニアの高校生ショーンはクルマいじりが大好きでいろんな

映画「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の試写会に行った。 「観

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT  The Fast and the Furious: Tokyo Drift

ルーカス・ブラック、Bow wow、ブライアン・ティーニッキー・グリフィン、ソン・カン、千葉真一 出演ショーンは高校生でストリート・レースが大好きある時レースで事故を起こし、アメリカに居れなくなりますショーンは日本に駐留している父の元へ出かけていきます東京での

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT? ジャパン・プレミア

TOKYOは今、サーキットと化した!2006年 アメリカ監督 ジャスティン・リン 出演 ルーカス・ブラック/バウ・ワウ/サン・カン/ ナタリー・ケリー/ブライアン・ティー/北川景子/JJサニー千葉(千葉真一)/ブライアン・グッドマン/柴田理恵/KONISHIKI/土屋圭市/妻夫木聡あ

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

本日公開ワイルド・スピード3のレビュー!(ちょいネタバレ有り)1&2は大好きだったので、舞台が東京に移って期待していたが・・・ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT★☆☆☆☆(1点)はい、アメリカ人が日本をバカにした映画です。前2作とは全く別物と考えるべき作品。こ

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」 アドレナリンが出ず、エンスト気味

一作目がロブ・コーエン監督、ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー主演でヒットし

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

<チラシ>楽しんでいただけたら・・・

映画 『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』  9/16ロードショー

最近、面白そうな映画が、続々と登場していますね。そこで、今回は、9/16ロードショーの「ワイルド・スピードX3」を紹介したいと思います。『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』X3というワケですから、当然1・2が存在するワケです(笑)まぁ、ご存知だとは思いますが・・

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006) 104分

 カリフォルニアの高校生ショーンは車好きが高じてたびたび警察の厄介になっている問題児。ある日、ついに大きな事故を起こしてしまい、少年院行きが確実となる。それを逃れるため、ショーンは軍人の父を頼って日本へとやって来る。日本での高校生活に馴染めずにいたショー

ジャパンプレミア 東京国際フォーラムにて~J.リン「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」

こんにちは。曇り時々雨の水曜日です。今日は、火曜日 一足先に 東京国際フォーラム ホールAにて行なわれたジャパン プレミアで観させて頂いた、ジャスティン・リン氏が手掛けた人気シリーズの最新作品について。映画の上映に先立ち、ナタリー・ケリーさん、北川景子さん、

『 ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 』

『 ワイルド・スピードX3/TOKYO DRIFT 』を鑑賞(試写会で)。終わった直後、家に帰るためハンドルを握ると、ちょっとふわふわ気分。極限にチューンナップされた車に乗ってきた気分で、しがない車に乗る。全然スピード出して走ってないけど、急カーブではドリフト気取り。あ

ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT/ルーカス・ブラック

私が観に行ったシネコンの中でも定員500人クラスの大きな箱が割り当てられていました。やっぱりこの手の作品は大スクリーン大音響の設備があってこそ真価が発揮できるんでしょうね。しかーし、それも結局、映画そのものが楽しめてこそなんだということを痛感させられまし...

「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」

話題の新宿でのカーチェイスということですが、いやいや、うまく作ってますです、はい。 でもこれは、大部分が編集の勝利ですね~(^^)

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006)THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT

物語とかそんなん関係なく、車が好きな人にはオススメの作品なのかも。車に興味のない人にはどうなのだろうか。

スピードなカットショット「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」

人気シリーズの第3弾「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」今回は日本(東京)を舞台にレースが繰り広げられます。SPEEDに国境は無い。やっぱり映像にすると国境はあるかも?主人公がアメリカから日本にやって来て少しばかりのカルチャーショックを受ける

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」

シリーズ3作目!舞台はついに東京だ~!ストーリーのチープさは、ちょっと横に置いておいて・・・。出演の日本人役キャストが英語で会話することも置いておいて・・・。‘ドリフトって何?’というレベルの車好きのアメリカ人高校生(←無理がある)が、理由ありで...

ワイルド・スピード×3/TOKYO DRIFT

レースシーンだけを観る映画!興奮の連続でアドレナリン爆発!

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

『THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT』公開:2006/09/16(09/16)製作国:アメリカ監督:ジャスティン・リン出演:ルーカス・ブラック、バウ・ワウ、千葉真一、サン・カン、ナタリー・ケリー、ブライアン・ティー、北川景子☆story☆カリフォルニアの高校生ショーンは車.

「ワイルドスピートX3」、記者会見

日本を舞台にした米カーアクション映画、「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(ジャスティン・リン監督、9月16日公開)でハリウッドデビューした女優の北川景子さんが21日、東京・晴海客船ターミナルで会見を行いました。詳しくはスポーツ報知、DailySports online、SANSP

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

ワイルドスピードX3の試写会です。1、2を観たことないのに、3を観ました。

「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」を観る

シリーズ第3弾、舞台が東京の「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」を観てきました。監督のラブコールで、ほんの数秒のシーンに妻夫木聡が出ている、無名に近い日本人モデルが出ていると、何かと話題には事欠かないこの作品、カメオ出演も満載です。しかし、同じ

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

TOKYOは今、サーキットと化した!公式サイトワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆シリーズ物なのにまたもや予習無しで鑑賞。しかも、車に全く興味なしなので覚悟だったのですが・・・まるで寝苦しい

ワイルドスピードX3

男子高校生、必見のカーアクション映画。アクセル全開、アドレナリン沸騰。エンジン音の轟きに、脈拍が上がります。文句なしにカーアクションが、楽しめます。東京を舞台にして

『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』

「海鮮であたためている」…?なんだ?

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

2006/アメリカ監督:ジャスティン・リン出演:ルールーカス・ブラック(ショーン)   ナタリー・ケリー(ニーラ)   ブライアン・ティー(D.K.)   サン・カン(ハン)   カマタ(JJサニー千葉)突っ込みどろこ満載[:!!:]ビバヒルやOCよりも高校生に見

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

川崎TOHOシアター7で鑑賞。今回も1300円でした。舞台が日本で、高校生の設定という無理な設定で役者も日本人でなく大陸の匂いが・・・そして、ヤクザがレースで勝負というようにストーリーは前作以上にいい加減です・・・もちろん、日本をバカにしたような感じもふんだんに

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

こんな諺がある:ハリウッド映画の描く日本はどこかおかしい。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT-(映画:2006年116本目)-

監督:ジャスティン・リン出演:ルーカス・ブラック、バウ・ワウ、千葉真一、サン・カン、ナタリー・ケリー、ブライアン・ティー、北川景子評価:46点公式サイト(ネタバレあります)前作と前々作は面白かったのになあ。デボン青木が懐か....

【劇場鑑賞100】ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT)

TOKYOは今、サーキットと化した!

★「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」

カー・アクション映画ってあんまり興味ないけど・・・東京が舞台だから、とりあえず観てみる事に・・・。ちょろっと日本人俳優も出てるみたいだし・・・。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

新感覚のカー・アクション映画として名高い『ワイルド・スピード』シリーズの第三弾。

ワイルド スピード X3 06年188本目

ワイルド スピード X3 TOKYO DRIFT2006年   ジャスティン・リン 監督ルーカス・ブラック 、リル・バウ・ワウ 、ナタリー・ケリー 、ブライアン・ティー 、サン・カンJJ Sony Chiba 、Keiichi Tsuchiya、ヴィンちゃんワイルド スピード 、ワイルド スピード X2 ....

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

 出演者に払うギャラよりもクルマ代に予算をつぎ込んでいるようなこのシリーズ、1作目はヴィン・ディーゼルの出世作ともなりましたが、本作でとうと

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 2006-52

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」を観てきました~♪車好きの高校生ショーン(ルーカス・ブラック)は、ストリート・レースで事故を起こした。少年院行きを逃れるために父の居る日本にやってきた。同級生のトゥィンキー(バウ・ワウ)に連れられて、ドリフト・レースが

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

さて、これまで先月23、24に2日連続3本鑑賞した映画について散々書いてきましたが(ちなみに観た映画は「フラガール」、「時をかける少女」、「アオグラ」、「ラフ」、「出口のない海」、「UDON」)、懲りずにまた映画です(^_^;)。いや、まあ毎月1日は映画の日

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

  ワイルドスピードの第三弾作品。 実は、前2作を全く観賞しないで試写会に行ってしまいました。 でも、この作品は凄かったです。色々な意味でもね。 冒頭は切り口としてカッコいいんですけど、段々荒さの目立つ展開にビックリしながら観賞....

映画「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」

監督:ジャスティン・リン 製作総指揮:クレイトン・タウンゼント 脚本:クリス・モーガン 音楽:ブライアン・タイラー 出演:ルーカス・ブラック 、バウ・ワウ 、千葉真一 、サン・カン 、ナタリー・ケリー 、ブライアン・ティー 、北川景子 、妻夫木聡 、...

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

2点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)ん???何ですか、コレは!?確か、本物のスピード感が溢れまくりでアメリカにもスポコン(スポ根ではない。)・ブームまで巻き起こした『ワイルド・スピード』の3作目を観たはずなのに・・・金八とイニDを混

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

The Fast and the Furious: Tokyo Drift(2006/アメリカ)【DVD】監督:ジャスティン・リン出演者:ルーカス・ブラック/バウ・ワウ/千葉真一人気シリーズ第三弾。今回は東京が舞台。巷の評価はよくなかったらしいけど、私は楽しめました(それなりに・笑)メカについては

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

The Fast and the Furious: Tokyo Drift(2006/アメリカ)【DVD】監督:ジャスティン・リン出演者:ルーカス・ブラック/バウ・ワウ/千葉真一人気シリーズ第三弾。今回は東京が舞台。巷の評価はよくなかったらしいけど、私は楽しめました(それなりに・笑)メカについては

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

  評価:★7点(満点10点) 2006年 104min 監督:ジャスティン・リン主演:ルーカス・ブラック バウ・ワウ 千葉真一妻夫木聡、、、「GO!」だけで終了、、、それだけ!?  ↑人気ブログランキングに投票お願いしま...

≪ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT≫

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT ¥2,690 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/09/24) 原題 THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT 製作年度 2006年 上映時間 104分 監督 ジャスティン・リン 出演 ルーカス・ブラック 、バウ・ワウ 、千葉真一 、サン・カン

『ワイルド・スピードX3TOKYODRIFT』\'06・米

あらすじ違法なストリート・レースの最中に衝突事故を起こして逮捕されたショーン(ルーカス・ブラック)は少年院行きを免れるために、軍人の父を頼って日本へ。言葉や文化の違いに戸惑いを感じながら、高校生活を始めた彼は、留学生のトウィンキー(BOWWOW)に誘われドリ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。