1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲド戦記

2006年7月29日公開
 いいじゃないですか、これ。面白いし、良い作品ですよねえ。
 かつて長編劇場用アニメでこれほどまともに批評されなかった作品も珍しいんじゃないでしょうかね・・・
 親の七光りだの、素人監督だのっていうのはまだましな方で、
 過去の宮崎駿映画のパッチワークだの、ストーリーが破綻しているだの、的外れとすら言えない単なる悪口が、ネットでも紙媒体でも散見されましたけども、なんだかんだ言ってもそれなりに観客動員した事実が内容の良さを淡々と物語ってるんじゃないでしょうか。
 それでも「ヒットはジブリのブランド力のおかげだ!」とどうしても言いたい諸兄は、過去のジブリ作品で宮崎駿監督作以外の映画の成績がどうだったかを一度さらってみてはいかがなもんでしょう。冗談抜きでそれちょっと知りたいですね、本作も含めて。

 もちろん、何の実績も無い建築デザイナー兼美術館館長がいきなり予算たっぷりかけた劇場用長編アニメの監督に抜擢されるなんてのは親の七光り以外の何物でもないでしょうが、「七光りも才能のうち」って言うしかありませんよねえ、宮崎駿が宮崎駿として生まれたことが才能であるのと同様。

 冗談抜きで、成績に反比例してあまりにも世間の批評が酷いので期待値低かったかもしれない部分をさっぴいても、良くできていると思います。
 アニメとしてのクオリティは申し分ないですし、良くも悪くも父親モロパクリのキャラクターデザインは逆に安心して観てられますし。
 何より、絵柄といいストーリーといいそのメッセージ性といい、愚直なまでにストレートなのがいい。変に奇をてらったり、斬新な絵作り、カット割、アングルなどにこだわらず、かといって素人臭いわけではなく基本はしっかり押さえられているという感じで、一本筋の通った骨の太さを感じさせます。

 正直、ここんところの親父さんの作品って、画面の情報量の膨大さや美しさ、動きのきめ細やかさ、大胆さ、躍動感等はどんどん発達してきて円熟の域という感じで、観てて確かに楽しめるんですけど、ストーリーがわけわかんないのがちょっと・・・
「ハウルの動く城」なんて、1度や2度観たくらいじゃわけわかんなくて、何度か観てやっと「わけわかんなくて当然、全然基本的なこと説明してないし、構成も超適当で行き当たりばったりなんだ」ってことが分かるという・・・
 別にそれが良いとか悪いとかじゃあありませんけども、少なくとも本作はそれとは対象的に、非常にオーソドックスな作りといえるでしょう。

「過去の宮崎作品の寄せ集め」ってどこらへん?って、結構探しながら観ちゃいましたけども、別にそんなに気になるとこなかったですけどねえ・・・
 終盤、敵が液状化してグチョっとなって迫ってくるとこが「もののけ姫」だとか、
 ドラゴンが飛ぶところが「千と千尋の神隠し」だとか、言い掛かりつけられそうなところならちらほらありましたけども・・・
 ほんとに駄作だと思うなら、どこがどう悪いとかちゃんと指摘してきっちり叩けや!一応金もらってライターって肩書きつけてるやつまでが揚げ足取ったり難癖付けたりしょうもないこと書くなよな~、って久々に思いました。

 まあ世間的には、そんな論調にはおかまいなく良いものは良い、とちゃんと評価されてて、それが成績に素直に反映されてるようですけども。
 でもまあ、どうせ「ハウルに比べれば大コケ」云々、どうしたって悪口書く人は書くんでしょうけどね。

 たっぷり露出されまくって「ゲド戦記」イメージビジュアルとしてすっかり定着したビジュアルの意味がさらりと明らかになる本作ラストなどは、本作の内容とそのキーポイントとパブリシティとがガッチリ融合した結果で、見事だと思います。

 しかし、原作は全6巻もある「ゲド戦記」、すわ宮崎吾郎監督の元、「ロード・オブ・ザ・リング」みたくジブリでシリーズ化してくれるのか!?と思いきや、全然そんな気はないみたいですね。てかそもそも、原作者が許さなそうですし。
 昔、無名の監督に映画化オファーされたときに断っといて、売れっ子になったら逆に映画化してくれなんつってくる厚顔無恥なこの原作者、アレンジの仕方や、そもそも頼んだ人の息子が監督してること自体気に入らんでごちゃごちゃ言ってくるようじゃあ、自分で自分の格を下げちゃってますねえ。

●オススメ度●
★★★ 絶対オススメ!(@^▽^@)ノ☆

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

gedo_book.jpgゲド戦記 書籍

gedo_sound.jpgゲド戦記 サウンドCD

gedo_pazle.jpgゲド戦記 パズル

ゲド戦記 日本語公式サイトはこちら
監督・脚本:宮崎吾朗
原作:アーシュラ・K・ル=グウィン
プロデューサー:鈴木敏夫
主題歌・声の出演:手嶌 葵
声の出演:岡田准一 田中裕子 小林薫 夏川結衣 香川照之 内藤剛志 倍賞美津子 風吹ジュン 菅原文太
2006年/東宝/115分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

Tag : 宮崎吾朗 宮崎駿 鈴木敏夫 ジブリ 手嶌葵 岡田准一 菅原文太 アーシュラ・K・ル=グウィン ハウルの動く城 千と千尋の神隠し

COMMENTS

スカッとしました

ごぶさたいたしております。(ご記憶でしょうか…)
ほんと、イチイチおっしゃるとおりです。

≫一応金もらってライターって肩書きつけてるやつまで…(略)

(>人<)☆☆☆ これ、拍手です。手が痛くなるほど拍手です。私は試写で観ることができたんですが、あまりにも下馬評が“叩きモード”だったので、せめて公開前に応援するメッセージを送りたくて、その日徹夜明けだったにもかかわらず真夜中までかかって記事を書きました。
残念なのは、それでも色眼鏡の批評に先入観を左右されてしまう事が多いという傾向と、宮崎のおやじさんはとっくにトトロのようなファミリー路線は飽きているようなのに、いまだに「ジブリはトトロで家庭向きであるべし」みたいな決めつけでジブリ新作を計ろうとするマスコミの狭量にはあきれてしまいます。
これからもよろしくおねがいします。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゲド戦記

 まだやっていたのか!というほどロングランしている「ゲド戦記」。やっと観てくることができました~。 竜たちが共食いを始めるほど世界の均衡が崩れつつある世界。 大賢人・ゲド(菅原文太)は災いの元凶を探る旅に出ています。 そこでゲドは心に傷を持つ王子・アレン

『ゲド戦記』若き指揮者と熟練のオーケストラが紡ぎ出す新たなハ...

『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということは、なんと説得力があるのだろうか。今の自称映画マニアは理屈っぽく醒めすぎているのではないかと思うことしばしば。見えぬものこそ、というコピーは深い。

風吹ジュン

風吹ジュン風吹ジュン(ふぶき- 1952年5月12日 - )は日本のタレント、女優。富山県高岡市出身。京都府育ち。初代ユニチカのマスコットガール。1974年女性アイドル|ア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。