1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷の微笑2

2006年11月11日公開
 1作目はもちろん観ました何度か。ビデオやTVオンエアで。
 しかし忘れちゃいましたねえ・・・何せもう10年以上前の作品だし、シリーズ化されるようなお話でもなかったような・・・
 主人公が巧妙に殺人を繰り返すシリアルキラーだって話なら、それを軸にシリーズ化していくっていうのはありますよね、「SAW」のジグソウや、「ハンニバル」レクタ ー博士のように。

 でも確か1作目って、シャロン・ストーンが犯人かどうかあいまいなまま終わったんじゃなかったでしたっけ・・・
 解釈のしようによっては全然違う可能性もあって、本当のとこいったいどっちなんだ!?と観客に考えさせる、それこそが変態監督バーホーベンの仕掛けた罠 ・・・ということだったような・・・
 てことはつまり、続編作っちゃいけない話だったんじゃないですかね。いくらなんでも、真犯人が彼女でない限りそんなしょっちゅう殺人事件に巻き込まれるわけもなく・ ・・にもかかわらず続編作られたってことは、やっぱ彼女が犯人じゃん最初っから・・・
と、観もしないうちからそこだけは鉄板で分かっちゃうわけです。

 複雑に入り組んだ人間関係、張り巡らされた仕掛け、そして今回も炸裂するシャロン・ストーンの色仕掛けと、「氷の微笑」っぽさは十分。やっぱり誰が 犯人なのかあいまいなまま終わるラストも、それだけとってみれば良くできてるんですけども・・・
 でも結局犯人お前だろ!って・・・。

 あと、シャロン・ストーンみたいな整い過ぎた美形って、加齢による崩れが一番ストレートに出ちゃうタイプなんですよね。
 最近いろんな映画で、相変わらずお色気担当で出演してるのをちらほら観るたびに「キツっ!」と思ってましたけども、今回は主役な上に役柄が役柄だけ に余計厳しいものが・・・
 こういうときこそ最新のCG技術を駆使して、シワ消しでもつや出しでも豊胸でも何でもやったらええのに・・・

 前作からのブランクからいっても、特に待ち望まれての続編製作ということもなく、どちらかといえばシャロン・ストーンのキャリアリベンジをかけた作 品という意味あいが強すぎる作品、そのもくろみは、作品の出来とその興行成績が如実に示す通り、もろくも崩れ去ったようです。

 同じような企画で、シルベスター・スタローン御大も、自身の出世作シリーズの最新作を作ろうとしてますが・・・やめといて、どっかの州の知事選に出るとかした方がい いのでは!?といういらぬ心配も・・・
 それか、宮城県の知事選に出たらどうすかね、そのまんま東をおさえて鉄板で当選しそうですが・・・やっぱ駄目なんでしょうね法的に。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログ ランキング

氷の微笑2 日本語公式サイトはこちら
監督:マイケル・ケイトン・ジョーンズ
脚本:レオラ・バリッシュほか
出演:シャロン・ストーン デビッド・モリッシー デビッド・シューリス シャーロット・ランプリング
2006年/米/シナジー/114分/R-18



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

Tag : デビッド・モリッシー デビッド・シューリス シャーロット・ランプリング シャロン・ストーン レオラ・バリッシュ マイケル・ケイトン・ジョーンズ バーホーベン

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

氷の微笑2

【氷の微笑2】 ★★★☆ 2006/12/16 ストーリー ベストセラー犯罪小説作家キャサリン・トラメル(シャローン・ストーン)が運転するス

氷の微笑2

座席がゆったりしているので、足を組替えながらの鑑賞。

氷の微笑2

『BASICINSTINCT2』 公開:2006/11/11製作国:アメリカ監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ出演:シャロン・ストーン、デヴィッド・モリッシー、シャーロット・ランプリング、デヴィッド・シューリス、ヒュー・ダンシー、インディラ・ヴァルマ14年の月日は怖いもんですね

氷の微笑2

シャロン・ストーンを一躍トップスターにした『氷の微笑』の続編。不可解な死に関わる美貌の作家キャサリン・トラメルと、彼女の魅力に引き込まれる精神科医の駆け引きが展開する。魔性の女キャサリンは、前作に引き続きシ

映画「氷の微笑2」

映画「氷の微笑2」に関するトラックバックを募集しています。

映画「氷の微笑2」

2006年66本目の劇場鑑賞です。「ルワンダの涙」「容疑者」のマイケル・ケイトン=ジョーンズ監督作品。エロティック・スリラーの続編。ミステリアスなヒロイン“キャサリン・トラメル”が14年ぶりに復活、年下の精神科医を手玉に取っていく。まさか14年ブリに「氷の微笑」..

「氷の微笑2」

一作目は1992年に作られたらしいが、たぶん、ひらりんは見てない作品。主演のシャロン・ストーンって、ちょっと顔が恐いし・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。