1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥモロー・ワールド

2006年11月18日公開
 少子高齢化は先進諸国共通の悩み事だといいますが、だからって「人類が生殖能力を失う未来」を描く映画を作るほど悩まなくてもいいんじゃないでしょうか・・・本気で悩んで製作してるんかどうか知りませんけども。

 「イーオン・フラックス」のようにスタイリッシュなSFアクション作品として描かれるのなら、映画としてのエンターテインメント性もあって観ていて面白いんですが、
 何なんでしょう本作のこの暗さ・・・
 とことん荒廃しきって夢も希望も無くなった未来。世界で一番若い人が既にティーンエイジャーで、それも日々亡くなっていき、ご丁寧にそれがニュースとして世界中に配信されているという・・・
 そんな中、芽生えた新たな希望に、目に映る人々は畏敬の念を持って迎え、かすかな望みを未来へ託す・・・それ自体は物語として立派に成立はしていますが、根本的にあまりにも異次元世界のお話すぎて、全然共感できません。

 物語が地味だからか、映像的テクニックも、地味なわりに面倒くさそうな「ハンディカメラで長回し」が多用されていますが、これもけっこうごまかしてそう
 1カット長まわしのように見せてますが、たぶん途中で繋いでいそうです。
 ジュリアン・ムーアとクライブ・オーエンが車の中でピンポン玉で遊ぶところから、襲われて逃げるくだりまでのシーンなどは、なにげに1テイクで成功さすのが難しそうなエピソードまで入れときながらよく1カットでやったなあと感心しそうになりましたけど、その後も何度かこういう長回しに見えるシーンがあって、その中で明らかに、本当に1カットでやってるなら絶対にありえないシーンがあるので、な~んだという感じ。
 そもそも、ごまかし無しだったところで、どっちみち地味すぎる上に、映画の内容を鑑みても全然意味ないんですもん。
 本作中ほとんどが、戦争映画のごとくゲリラ戦の暗く殺伐とした絵ばっかりなので、ドキュメンタリータッチで臨場感を出したい、という意図なのかもしれませんが、先述の通り物語そのものにあまりにもリアリティがないため、効果をあげているとは言い難い。

 人もバタバタ死んでっちゃいますしねえ・・・別にメッセージ色が強いわけでもない、いわばSFファンタジーみたいなものなのに、何が楽しくてこんな暗い映画わざわざ撮るんでしょうかね。さすが、ハリー・ポッターシリーズをホラー映画みたく撮った(正解でしたけど)監督だけのことはあります。
 ちょっと気の利いた批評家なら、本作を、少子高齢化問題や、増加する凶悪犯罪、泥沼化する民族紛争といった問題を抱えたこの世界へのアンチテーゼだ、みたいな観方すんのかもしれませんが・・・単なるしょうもないSF映画、でいいんじゃないでしょうかこんなん。

●オススメ度●
★☆☆ 私は面白かったです(*`ー´)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

tomorrow_world_book.jpgトゥモロー・ワールド(文庫)

tomorrow_world_sound.jpgトゥモロー・ワールド サウンドトラック

トゥモロー・ワールド 日本語公式サイトはこちら
監督・脚本:アルフォンソ・キュアロン
原作:P・D・ジェイムズ
脚本:ティモシー・J・セクストン
出演:クライブ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン
2006/米/東宝東和/109分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー - ジャンル : 映画

Tag : アルフォンソ・キュアロン P・D・ジェイムズ ティモシー・J・セクストン クライブ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン 少子化 高齢化 少子高齢化 不妊

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トゥモロー・ワールド

 来るべき世界 今日はちょっとだけ期待していた「トゥモロー・ワールド」を見てきましたよ~。 近未来。 世界はすでに18年間もの間子供が生まれずにいました。 つまり、最年少の人間が18歳。それ以下の子供が存在しない世界。 その最年少の青年がファンに刺殺され

副収入、小遣い、内職、サイドビジネス総合情報

副収入、小遣い、内職、サイドビジネス総合情報

副収入総合サイト

副収入総合サイトのことなら、副収入道で一番活気のあるサイトにお任しアレ。みるみるうちに、収入アップ!なるほど、こりゃあ間違いなしだ。。。

トゥモロー・ワールド

繁殖能力を失った人類、頻発する内戦やテロ、移民を迫害する独裁政権と、現実の社会情勢を過激な近未来社会で映し出す。スリリングに展開していく、人類の希望にまつわるドラマ。アルフォンソ・キュアロンが丹念に描き上げた、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。