1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守護神

2007年2月10日公開
 日本でも「海猿」が大ヒットしたから、ハリウッドでも海のレスキューものやっとけ!みたいなノリなんでしょうかね・・・
 まあ別に、ありがちなネタですからたまたまでしょうけども。

 内容的にはしかし、「レスキューもの」っていうシナリオのひな型に極めて忠実に作られた、オーソドックスすぎる物語。
 伝説の英雄的人物とされるレスキューのベテランヒーロー、
 でも彼は人知れず仕事にも家庭にも悩みを抱えている、
 仕事のミスがきっかけで一線を離れる、
 若きヒーロー候補生登場、
 能力的にはずば抜けて優秀、
 ベテランヒーローと最初いがみ合い、後に打ち解け合う、
 美女とくっつく、
 彼にも人に言えない暗い過去がある・・・

 とまあ、押さえるべきポイントはひととおり網羅。オーソドックスなのが悪い訳ではないとはいえ、もう一ひねり二ひねり欲しかったところ。
 だいたいの話の流れがほぼ同じなら、「海猿」と呼ばれる主人公たちと社会とのつながり的なものや、飲み屋の水槽に飛び込んでしまうアホっぷりで度肝を抜かせるなど、暗く生真面目になりがちな彼らの日常描写にも工夫があった「海猿」の方に、作品の出来的にも軍配があがる気がします。

 あとこれ私だけかもしれませんが、アシュトン・カッチャーちょっと老けてブサイクになった気もするんですけど・・・
 いきなり扶養家族が増えた私生活での重圧がボディブローのようにじわじわ効いてるとか!?まあ、男の渋さと貫禄が出てきたっていうみかたもあるのかもしれませんが・・・

 逆に、ケビン・コスナーの方は変わらない!いつまでも年齢相応に若々しいというか、渋い男の魅力を絶妙のバランスで保ってます。

 「守護”神”」っていうタイトル、海上レスキューっていう職業を象徴的に表現したってだけかと思いきや、何とそれを実践(?)してしまうというラストはしかし、全編徹底した男の美学とリアリズムを追求した硬派な作品ににつかわしくなく、そこだけやけにファンタジックで違和感アリアリ。
 まあ、あまりに苛酷すぎる現実と日々向き合うだけじゃあ人間何事も長続きしない、やはり人を人たらしめるものは、こういった神話というか精神世界を支えに生きるってことなんでしょうか。

●オススメ度●
★★☆ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング

守護神 日本語公式サイトはこちら
監督:アンドリュー・デイビス
制作:ボー・フリンほか
出演:ケビン・コスナー アシュトン・カッチャー セラ・ウォード メリッサ・サージミラー クランシー・ブラウン
2006/米/ブエナ ビスタ/139分



金言豆メインサイト 映画の部屋へ

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

Tag : レスキュー 海猿 オーソドックス アシュトン・カッチャー ケビン・コスナー アンドリュー・デイビス ボー・フリン セラ・ウォード メリッサ・サージミラー クランシー・ブラウン

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。