1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛

[ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛]
第一作目のときは、動物大戦争!みたいな観た目のノリの良さとインパクトが面白く、さほど気にならなかったですが、
本作ではそれに見慣れてしまったせいか、またはストーリー展開上、かなり似たシチュエーションが出てくる為か、「ロード・オブ・ザ・リング」のイメージとすごくかぶってしまっている印象。

序盤はともかく、闘いが佳境に入る終盤では特に。
まあファンタジーというジャンルで、ある程度細かいエピソードやシチュエーションが似てくることについて、いちいち突っ込んでもしょうがないですが。

人間の残忍さが際立つ

姿形のディフォルメはほとんどないのに、人間のように振る舞い、喋りまくる動物達の映像のリアルさ、美しさは本作でも健在。
今回の舞台は前作から1000年以上も経過しているという設定ですので、キャラクター達も世代交代。新たなマスコット的キャラとして新登場の動物もいて、ファミリー向けらしく楽しげに画面を盛り上げます。扮装やアクションがここまで動物離れして人間ぽくなると、シュレックのようなCGアニメっぽいですが・・・

しかし、前作もそうでしたが、このファンタジックな世界において、結局のところ人間による暴力がもっともリアルかつ残酷に描かれているところが、深いといえば深い、ファミリー向けにしてはどうなの!?というところ。
しかもその暴力を一番行使しているのが主人公の子供達ですからね・・・
理由も良よくわからないまま武器と力を与えられて、その行使に悦に入る・・・一見深いようで実は身もフタもない物語。別に反戦的なメッセージやテーマ性もないですし。
ある日突然、おまえは王様だ!暴力OKよ!って言われればそりゃ嬉しいでしょう、たとえ期間限定でも。

結局、テーマの深さ、世界観の厚み等すべてにおいて、「ロード~」には遠く及ばない、子供が夢見る妄想の域を出ない(もともと児童文学なので当たり前!?)。
だから、登場人物の誰に対しても今一つ共感しにくい。

戦闘シーンでは、半獣半人の見た目楽しげなクリーチャー達が消耗品としてバッタバッタ死にますし。
王様である4兄弟のお兄さんが、闘いを通じて成長するのは分かりますけども、その為にどんだけ犠牲者出してんねん!と。

結局、最強キャラが何となく登場して万事解決、という、水戸黄門もびっくりのあっさりしすぎの展開にも全然ついていけない。そのもったいのつけ方は何!?最初からさっさと出て来いや!って。


前作でもイマイチぴんとこなかったところですが、そもそも何でナルニア国がそこまであの子供4人にいちいち頼るのか!?本作ではさらに、まったく分かりません。
ナルニアの問題を自分らで解決するどころか、思いっきり他力本願なアイテムをサブタイトルにまでしてしまっている。

しかも、困ったときだけ強制的に呼び出しといて、問題が解決して用が済んだら、厳かな雰囲気醸し出して「元の世界に帰るときがきた・・・」って、とっとと追い返すって、7人の侍の農民達よりタチ悪い!

美麗な映像&王子

はっきり言って、シナリオ的にはまったく見所はないです。突っ込みようもないような、単純で浅すぎるしょうもない話。

見所はやはり、丹念に作り込まれた映像美。クリーチャーや魔法がからむ戦闘シーンの迫力と美しさは秀逸。
どっかで観たな~っていうシーンも多い分、ひと味違った魅せ方に細かい工夫がされています。

今回、物語上もプロモーションでも前面に出されているカスピアン王子、さわやかさとワイルドさをあわせ持ったかなりのイケメン。この人は人気出るんじゃあないでしょうか。
その分、前作から続投の主役の4人の華のなさが余計に強調されているような・・・。
特に女性2人は、前より年とったのと、映画に出ていいモノ食べ過ぎたのか、ちょっと太った!?なんか前よりブサイクになった気が・・・
なので、ラストのワンシーンも今一つ、いろんな意味で釣りあってなくて、あまりときめきがありません。
長男も、敵役がヒゲヅラマッチョの強面なだけに、もともと線が細いタイプだったのが余計誇張され、かなり頼りない印象で、せっかくの終盤の見せ場もなんだかリアリティに欠けてしまいます。
むしろ弟君の方が、もともと悪ガキっぽかった顔立ちに精悍さが加わり、前作からの因縁もからんだ見せ場もあって、脇の主役としてかなりいい味を出しています。

ギャラで揉めるとかメンバー同士デキて別れるとかしない限り、このシリーズはこのメンバーでいくのでしょうけども、うまく年とって、素敵な俳優さんでいつづけて欲しいですね。




スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

COMMENTS

どきどき感

TBありがとうございました。
第1作のナルニアは世界観が徐々にわかってくるという感じでドキドキ感があっておもしろかったです。しかし、今回の作品ではそのドキドキ感がなく、CGの力で押しまくりという感じでやや大味でした。原作はどんな雰囲気なんでしょうね。
****以下はシステム的なお話です************
FC2のブログと私のブログ間でシステム的な相性が悪いようで文字化けしていましたので修正しておきました。
こちらからもTBしようとしたのですが、
Error: Forbidden Your Entry (Word)
となってしまい成功しません。おそらく何らかの禁止ワードにひっかかっているのかと推測しています。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「ナルニア国物語 第2章カスピアン王子の角笛」

 ナルニア見てきましたー。カスピアン王子。  スーザンが大変好みな感じです。いいなぁあのぽてっとした唇。個人的に戦うときはパンツスタイルになって欲しかったです。腰のラインとかも好きそうな感じなんだもん見たいもん(オッサンか)。  ピーターと王子は性格...

ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛

魔法はあまり出てきません 人間模様も意外と多く、大人も楽しめます 続編が出せるかが非常に気になる こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。 「ナルニア国物語」は、ファンタジー小説では「指輪物語」と双璧をなすと言われる作品です。 もっとも、ナルニア国物語の方は?...

「ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛」レビュー

映画「ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ベン・バーンズ、ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、スキャンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリー、リーアム・ニーソン(声)、ティルダ・?...

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛(2008)

イマイチ好き度のあがらないナルニア、今回の目玉はカスピアン王子である、と見せかけてドワーフであった。 > のはrukkiaだけか? 意固地な表情で何気に大活躍なトランプキン(ピーター・ディンクレイジ)、ずいぶん自然だなぁ、とおもったら、自然に背の小さい俳優さ...

【映画】少林少女…おじいちゃんは井荻麟!?リンちゃん繋がり?

雨{/kaeru_rain/}です。昨日は晴れだったのにねぇ… 昨日{/kaeru_fine/}はお仕事だった私{/face_acha/} まぁソレも比較的上手く進行出来て{/up/}夕方には帰宅{/face_warai/} チャンとした時間に夕食{/silver/}食べて映画{/tv/}でも観ながらまったりしていた夜23時台…上?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。