1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブ時代をゆく いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)

ウェブの最先端を語らせたら並ぶもの無し、ウェブ言論界のテリー伊藤か高橋ジョージか!?の域に達した著者が放つ、ウェブ全盛時代のとらえ方や生き方を著者ならではの視点で分析する書の第2弾。

やっぱりWEBとことん肯定

前著(WEB進化論)の時はまだ、ウェブ2.0という言葉が物珍しくこねくり回されていた頃で、著者ならではのWEB2.0についての定義や分析
(当時、もっとも本質をつき、分かりやすく解説していたと思います。)、
躍進著しいグーグルと、日本のIT企業との歴然たる違いについて等、
WEBの最先端事情に関する解説書としてはその説得力、分析力において群を抜いた内容だったと思います。
あえて言うなら、著者自身も確信犯的にそうしている、WEB絶対肯定論者であるところに一抹の危うさを覚えることくらいでしたけども、
少なくともWEBというインフラ、ツールに関して述べている分には、それも一つの思想、解釈の問題にとどまるものでした。

しかし本書では、WEB肯定論をリアル世界へ置き換え、適用しようとする度合いがかなり進行。
世間一般的にはアウトロー的な存在といえる著者自身の半生も垣間見せながら、WEBがますます私たちの生活に浸透してくるこれからの世の中をどう生きるか、について持論を展開。
これが残念ながら、新しいようで古臭い、型破りなようでステレオタイプな内容に終始。
転職を前提とした仕事観や、競争至上主義な考え方等、もはや明らかに破綻しつつあるアメリカ資本主義よりの思想。
少なくともWEBという最先端技術を論じる本書で、今更それを声高に論じられるとは残念・・・

本書でWEB上のオープンソース文化の体現者であり成功例としてあげられているグーグルにせよ、まともと氏にせよ、
これが人類の未来!目指すべき道!・・・とはたして言っていいものかどうか!?
グーグルは、広告を出してくれるリアル社会の企業群によって、
まつもと氏は、氏に憧れて入社してくる「普通のサラリーマン技術者」によって
その存在が成り立っているわけで、みんながみんなWEB企業やオープンソースプログラマになってしまったら、世の中回りようがないわけで。

残念ながら、大多数の人はそうはなれない、ほんの一握りの成功者をそれ以外の大多数が支える、という前提で成り立っている職業や企業、そんな例は他にもいろいろあります。
例えば芸能界。スターといわれる人たちはそれなりの名声も見返りも得ているもの。
だからといって子供に、これからはスターの時代だ!みんな頑張ってスターを目指せ!ってわざわざ言いません。
成功したスターは、誰にも真似できない何か(才能とよばれるもの)と、運に恵まれた人たちである、ってことが、長い芸能史に学んで誰にでもわかっているからです。

グーグルやまつもと氏等の成功例はまさに、そういうものだと思うのですが、本書の著者のようなWEBオーソリティをしてもそれを「誰の前にも開かれた輝かしい未来」かのようにとってしまうのは、やはりWEBという技術の歴史の浅さ故か。

関係性を持つ機会

前著でも述べられた、「知の高速道路」理論は一理あるもので、特に著者の発想の発端となった「将棋界」は、ネットとの親和性が極めて高かった為(オンラインゲーム化しやすい)その影響がモロに出つつあるのでしょう。
要するに「関係性を持つ機会を増やす」ことが、チャンスを逃さず確実に拾っていくために重要な施策の一つであるということで、WEBはその実現に非常に有用なツールであることは確か。
ではありますが、元来WEBはその目的で生まれたもので、もちろんこれからも様々な応用がなされ、思ってもみなかった使い方もされるでしょうけども、
さらに何かもっと、とんでもなくすごいことが出来るんじゃないか!?と過剰な期待を抱くのもどんなもんでしょう。

重要なのはWEBそのものではなくあくまでリアル世界であって、そこでどうやって「関係性を持つ機会を増やす」か、という目的でアイデアを創出することがポイント。
それがWEBを使うことで実現可能ならそうするし、WEBにあわなければ何か別な手段を編み出さねばならない。

芸能界の例で言えば、オンラインでネタのビデオを送ってもらい審査する、「ネットオーディション」的な仕組み、既にやっているところもあるでしょうけども、やはりあまり現実的とは言いがたい。
これからオンデマンド放送なども増えてきて、タレントってWEBと親和性が一見高そうですが、実は受け手側との高度なコミュニケーション能力、場の空気を読む認識力といったスキルが要求されるので、将棋と違い職能拾得の場としてはWEBはまったく向いていないように思われます。
なので、最近はどこの大手芸能事務所も「養成所」という「関係性を持つ機会」をリアル世界上に作っているわけで、実際これがなかったら、今テレビ等で目にするタレントさんの大部分は存在しないんじゃないでしょうか。

WEBはあくまでツールの一つ、インフラの一種であり、結局は使い方次第。
著者の言う「第2の地球」なるものが近い将来出来たとしても、あくまでそれは「第1の地球」の映し身、超巨大化した情報ツール以外の何物でもない。
ツールは使い方次第、どうせ出現するものであるなら使いこなさなければ損損。過度な期待はすることなく、自分なりの使い方を身につけることが重要ということでしょう。




スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。