1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンブルドン

★本日の金言豆★
うさぎ:イギリスでは食用に。味は鶏肉似。安く人気があったが、飼われることが増え食用は減少。

 ”親子で「負けたら罰金」ってマジですか!?”で話題をさらった女子プロゴルファー横峯さくら選手、
 「気合だ~!!オイ!!」の大絶叫の横で嬉しいんだか迷惑なんだか複雑な表情でオリンピックで大活躍した女子レスリング浜口京子選手と、親子で頑張る女子スポーツ選手がクローズアップされてますね。たまたまキャラ立ちしたお父さんが続いただけかもしれませんが・・・。

 ストイックなスパルタぶりや、厳格なキャラクターはおそらく横峯さくら父に近いのでは!?という感じの父を持つ女子テニススター選手と、自らのプレーに限界を感じて現役引退すら考え中のベテラン選手が、ふとしたきっかけで出会い、恋に落ちるスポコンラブストーリー。

 あの名作”でぶせん恋愛劇場”「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズを手がけた脚本家も参加したそのストーリーは、恋愛モノのツボをしっかりと押さえつつ、適度にコメディックな味付けもされ、全体的に非常にさわやかな空気感ただよう作品に仕上がっています。

 選手として売り出し中の女子選手と、幕引きを考えている男子選手という正反対の状況にある二人、それぞれが自身にもその家庭にも何らかのわだかまりや問題を抱えているのですが、そんな二人の偶然の出会いから始まった恋が、ベタニー演じるコルトのプレーぶりに変化をもたらし、それをきっかけに他の物事も徐々に良い方向へ歯車が噛み合い始める。
 まあ正直、ご都合主義的なシナリオではありますが、今最も勢いのある若手俳優といぶし銀のベテランキャストによる好演、タイトルどおり物語の重要なファクターであるテニスシーンの迫力と臨場感が、それを意識させない説得力を持たせています。

 実際に本物のウィンブルドンのセンターコートで、しかも本物のウィンブルドン大会決勝の合間を縫って撮影されたというそのテニスシーンは、特訓を積んだ演者達の熱演、最新VFX技術、そして本物の試合の興奮さめやらぬ観客達の熱気を帯びた興奮ぶりもあいまって、テレビ中継のテニス試合映像とは一味も二味も違う迫力と臨場感!

 勢いのあるって言っときながら何ですが、主演のポール・ベタニーはしかし、地味ですね~・・・徹マン明けのスティーブ・マックイーンみたいな顔して・・・まあその分、さえない引退間近の選手役にはハマってるんですけど(^^;
 説明不要の絶好調!キルスティン・ダンストは本作でもそのキュートな魅力炸裂!テニス・シーンもラブ・シーンも堂にいったものです。
 ”横峯パパ役”サム・ニールがこれまた渋い!派手な見せ場こそないものの、厳しい外面と我が娘への秘めた深い愛情を併せ持つ父親を渋~く演じきってます。

 ラストの約20分にも及ぶ、帰結する愛の行方と、人生を賭けた男の大勝負の結末とが見事に絡み合うテニス試合シーンは、世界最大のテニスイベントの名を冠する作品にふさわしい展開と迫力!
 カップル鑑賞には文句無くおススメです。

●オススメ度●
★★ よろしかったらどうぞ♪(^◇^)

ウィンブルドン 文庫本ウィンブルドン 文庫本

話題のブログがいっぱい!
人気ブログランキング←ここをクリック

金言豆メインサイト 映画の部屋へ

ウィンブルドン
監督:リチャード・ロンクレイン 
出演:キルスティン・ダンスト、ポール・ベタニー、サム・ニール、ジョン・ファブロー 
2004英.米/UIP/99分

スポンサーサイト

COMMENTS

TBありがとうございます。

主演のポール・ベタニーは地味でしたか! 強烈なファンの私は冷静にこの作品は見られないのです。。。 でも爽やかな作品で良かった~。 

TBありがとうございました

はじめまして。
うさぎ、かわいかったですよねー。「さすがピーター・ラビットの国!」とか思っていたのに、まさかあんなことになるとは…。

ポール・ベタニー、地味じゃないのもあるので、機会があったらごらんくださいませ。

決勝戦

決勝戦だけはすごかった!
ラスト20分は何度見てもいいでしょうね~
つぶやく癖の伏線なんてのも欲しかったかな・・・

Tバックありがとうございました

最後のラリーは面白かったですね~。自分もテニスをやっているので、どきどきニヤニヤしながら見ちゃいました。

TBありが㌧ございます。安倍と申します。
結構前にアップした記事でしたが、よく見つけてくださいますたね、嬉しいです。
ポール・ベタニー、彼はイイですよ! 
地味ながらも、女子の萌えポイントを、キッチリついてますとも。
でなければ、かの巨乳眉毛美女ジェニファー・コネリーをモノにはできますまい。

では!

トラバありがとうございます♪
皆さんおっしゃってますが、ポールベタニー地味でしたか~。
私はあの試合中に雑念入りまくりの一人突っ込み、一人ボケがツボでした。
自分のイメージするザ・イギリス人という感じで、いろいろこなす器用な俳優さんだ
なあ、と。キルスティンダンストも、芸達者ですね~。軽々演じている雰囲気のする
スタンスが作品カラーにぴったりだなあと。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ウィンブルドン」

「ウィンブルドン」よみうりホールで鑑賞スポ根ラブコメ。今日はこの「ウィンブルドン」と「ドッジボール」が当たっていて最後の最後までどっちに行こうか迷っていました。そしたら連れが「ウィンブルドン」がいいって決めてくれたのでこっちになりました。どちらももう試写

ウィンブルドン

私が一押しの俳優ポール・ベタニーの新作!! 試写会に行って来ました。ピーター(ベタニー)の呟きから出だしは始まる訳で嬉しいの一言。はっきり言って主役そのものですよ。<とってもベタな話>ほんとにそうでした!! 捻りが無く、先が読める・・・そんな作品にお出に

*「ウィンブルドン」試写会行ってきました

 「ウィンブルドン」の試写会に行ってきましたので、軽くレポしたいと思います。内容についてのネタバレなしです。 「ネットで応募できる試写会がある」と教えていただいて調べてみたのですが、なんだかすごくたくさんある…。これでは「ウィンブルドン」を見たいと思

ウィンブルドン

 世界ランキング119位のテニスプレーヤー、ピーター・コルトには必殺技がある。「ヤケクソ・サーブ」「背中痛てててボレー」「リジー愛してるよスマッシュ」だ! スポーツ映画+ラブコメ-スポコン。映画『ウィンブルドン』ではこうした図式が成り立つと思う。プロのスポー

「 ウィンブルドン 」

監督 : リチャード・ロンクレイン主演 : キルスティン・ダンスト /ポール・ベタニー/        公式HP : http://www.uipjapan.com/wimbledon/ ウィンブルドンといえば世界を目指すテニスプレーヤーなら、最も憧れる由緒正しき最高峰の大会です。去年マリ...

■ウィンブルドン■

試写会が当たった~~~[:ラブ:]最近、好きなキルスティン・ダンストちゃんが出てるの~。チアーズ、スパイダーマンとか、モナリザ・スマイルに出てる女の子。「ノッティングヒルの恋人」「ブリジット・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチュアリー」の製作者たちが贈る最高の

"Wimbledon"

2004年/英・仏 北米盤"Wimbledon"が新年早々届いていました。自分で...

『ウィンブルドン』

----『ウィンブルドン』って、だれがどう考えてもテニスの映画だよね?「もうこれがプレスで確認しなくてもいいくらい、シンプルなストーリー。主人公はかつて世界ランク11位までいったベテラン選手ピーター。今では119位にまでランクを下げてしまっている彼はワイルドカード

「ウインブルドン」 -Wimbledon- 

プロテニスの最高峰 そこは 「ウインブルドン」 僕も中学生時代はテニス部に所属して部活をサボるにはどうすれば良いか?と考えていたものです。 先輩は皆おっかない連中だし、まぁ生意気でしたから殴られたり...

「ウィンブルドン」キルスティン・ダンストのテニスシーンがない!?

読売ホール。「ノッティングヒルの恋人」「ブリジット・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチュアリー」の制作陣が送るラブコメディ。今度はテニスで来たか! そして主演キルスティン・ダンスト。「ウィンブルドン」のポスターを観て、キルスティン・ダンスト主演だと思って観

★★★★「ウィンブルドン」キルスティン・ダンスト、ポール・ベ...

キルスティンは生き生きして可愛いし、ポールは自然でナイーブ感じが素敵です。テニス門外漢の私ですが、燃えました。ドキドキ、ハラハラ、スカッとしました。コミカルでキュートな恋物語が楽しかった!脇の人も味があって面白かったです!!お父さんが二人の仲を認めるシー...

「ウィンブルドン」 Wimbledon

イギリスというか、イングランドの夏は、あっけないくらいに短い。そしてそんなあっという間に過ぎていくイングランドの夏の風物詩といえば、やっぱテニスのウィンブルドン大会だ。そんなテニスの世界4大大会のひとつでもある「ウィンブルドン大会」を舞台に繰り広げられる

Wimbledon (Directed by リチャード・ロンクレイン)

一時はトップ10も狙える位置にいたものの、最早ランクは100位圏外に落ち、勝負に行く気力もなくなったプロテニスプレイヤーのピーター・コルト(ポール・ベタニー)は、地元ウィンブルドンでの大会を最後に現役を引退する決意をする。ところが、遠征先のホテルでフロント.

ウィンブルドン

ポ~ンと弾む気持ちが大事なんだね 恋もテニスもストレート・スマッシュ! ウィンブ

「ウィンブルドン」来たー!

面白いよと話を聞いていた「ウィンブルドン」。 雰囲気的にも僕が好きそうな映画だったので期待してました。 土曜日から公開なので早速見ようと思ったら、 なんと東京では豊島園のユナイテッドシネマでしかやってません! えっ?どういうこと?なんでそんなに局所的なの!.

ウィンブルドン(4/24 幕張)

『軽~いラブストーリーだけど、ウィンブルドンセンターコートの美しさはやっぱり素敵!』 「コーラス」のあとに続けてみました。なんといっても、私の好きなジャンルなのでいち早く観なければという意気込みは「コーラス」以上なことは言うまでもありません。チケットもい

ウィンブルドン

http://www.uipjapan.com/wimbledon/ポール・ベタニー主演でキルスティン(スパイダーマンに出てた人)とサム・ニール(恐竜の映画に出てた人)が共演のラブコメ。「ウィンブルドン」とは。全英オープンテニス選手権大会の別名。世界の四大メジャーテニス選手権の一つ。イギ

ウィンブルドン&コンスタンティン&バットエデュケーション

はい、最近見たもの。ウィンブルドンは今日からですね。ポールベタニーいいです。キルスティンダンストもどちらかといえば苦手な私でも可愛いなあって思えました。この人スタイルもすごくいい。細いのにでるとこでてるわ、手足なげーわ。いいな~。というわけで感想はこちら

映画ウィンブルドンで貰いました

今日映画ウィンブルドンを見に行ったらBurberryのメンズとレディースの香水を貰いました。かなり嬉しい(≧▽≦)映画も面白かったです♪ポール・ベタニー最高っ!あ、あとローハンの王様バーナード・ヒルも素敵でした(^_^)

ウィンブルドン

毎週水曜日に映画館通いをしていた私。そのほとんどが『オペラ座の怪人』だったわけですが(笑)ついに千葉県から姿を消してしまったので今日は違うものを見てきました。テニス青春映画『ウィンブルドン』です。この映画、全国的に公開されているところが少ないのですが運...

スポーツ映画鑑賞シリーズ?ウィンブルドン

ええっと、この映画知らない人の方が多いと思う~。ので、どんな映画か?っていうと、「スパイダーマン」シリーズのヒロインでお馴染みキルスティン・ダンスト&「マスター&コマンダー」などに出演し、「ダ・ヴィンチ・コード」出演決定!のポール・ベタニー主演のテニス...

映画を見たで(今年100本目)-ウインブルドン-

監督:リチャード・ロンクレイン出演:キルスティン・ダンスト、ポール・ベタニー評価:66点(100点満点)世界ランク119位だかそこらの落ち目のベテランテニスプレイヤーが、最後のウインブルドン(全英オープン)に登場する。彼は引退後にテニ....

ウィンブルドン 評価額・1250円

●ウィンブルドンをDVDにて鑑賞。 テニス界最高峰のステージ、ウィンブルドン選手

ウィンブルドン

2004年 イギリス・フランス

ウィンブルドン

この作品ひっそりと公開されて、気付けば劇場公開終わってました!ポール・ベタニーが主演なのでこれは!とDVDで鑑賞。彼は気になる俳優です。上手いです。最初に強く印象に残ったのはなんといっても傑作"A Knight's Tale "(この映画いくらWe Will ...

ウィンブルドン

DVDで、ポール・ベタニー、キルスティン・ダンスト、サム・ニール 出演の「ウィンブルドン」を観ました。●ストーリー今年32歳を迎えた、イギリスのベテラン・プロテニス選手ピーター(ポール・ベタニー)は、昔は世界ランキング11位まで登り詰め、いずれはメジャー大

『ウィンブルドン』

『ウィンブルドン』原題:WIMBLEDON製作:2004年イギリス監督:リチャード・ロンクレイン出演: キルスティン・ダンスト/ポール・ベタニーテニス界最高峰のステージ、ウィンブルドン選手権。かつては世界ランキング11位まで登り詰めたこともあるイギリス人テニ...

DVD「ウィンブルドン」

スポーツ物の作品って沢山あるけれど、テニスがメインのお話の作品ってなかったかも。っていうか、私が観たことなかっただけかもしれませんが。落ち目のテニスプレイヤーが若手注目株の女子テニスプレイヤーと恋に落ちてみるみるうちに復活を遂げるというお話。この作...

ウィンブルドン

ウィンブルドン監督:リチャード・ロンクレイン出演:キルスティン・ダンスト , ポール・ベタニー , サム・ニール , ジョン・ファブローStoryキルスティン・ダンストとポール・ベタニー共演によるプロテニス界を舞台にしたラブコメディ。引退

【洋画】ウィンブルドン

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+ (演技3/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽4/配役3/魅力3/テンポ4/合計28)『評論』評価点はあまり

ウィンブルドン

「ウィンブルドン」というイギリス映画を見ました。 ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン ウィンブルドン  主人公はピーター・コルト。かつて世界ランキング11位まで上り詰めたことのあるプロテニスプレーヤー。しかし、現在のピーターは世界ランキング119位

DVD「ウィンブルドン」見たよ。

はい、もひとつ、こんばんは。全米テニスで、シャラポアが優勝しましたね。天は、ニ物も三物も与えるのだwa。すごいね。テニスの映画って、ありそうで無いような気がするんです。「ウィンブルドン」ラブコメです。さわやかですー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。